Roland DG

English 日本語

The Power of Creativity

D-PICS IoTを活用した人にやさしいものづくり支援システム

人にやさしく、品質に強い

Concept コンセプト

「D-PICS」は、Digital Production Indicate & Control Systemの略で、当社が独自に開発した、IoTを活用した人にやさしいものづくり支援システムです。当社では、1999年から、3次元設計データなどのデジタルデータを開発から製造、品質管理、営業、サービスまでの全社で共有・有効利用することで、多様化するユーザーニーズの変化に、スピーディかつ柔軟に対応できる強いものづくり企業を目指す「デジタルファクトリー構想」への取り組みを開始しました。そして、その一環として、製造部門から生み出された新しい多品種小ロット生産の仕組みが「D-PICS」です。

このD-PICSの最大の特長は、ものづくりに関わる“人”が「それぞれの持つ能力や個性を発揮しながら、高品質かつ効率のよいものづくりが行えるシステム」であることです。

デジタル機器やデジタルデータがオペレーターをリアルタイムにバックアップすることで、個人のスキルや注意力に左右されることのない高品質で安定したものづくりを実現します。また、同時にオペレーターが安心して組み立て作業に集中できる環境を提供することで、こだわりや改善への高いモチベーションを発揮できるイキイキとした職場づくりにもつながっています。

D-PICSを用いた作業風景1 D-PICSを用いた作業風景2 D-PICSを用いた作業風景3 D-PICSを用いた作業風景4

System システム

サーバーに複数のデジタル屋台が同時に繋がり、
オペレーターの組み立て支援や
品質管理をリアルタイムに行います。

稼働確認

稼働確認画面 稼働確認画面のアップ 進捗を色別表示 管理者 管理者
サーバーラック サーバー 無線通信
  • 無線通信 予定通り デジタル屋台 作業者1 デジタル屋台A
  • 無線通信 予定通り デジタル屋台 作業者2 デジタル屋台B
  • 無線通信 進捗遅れ デジタル屋台 作業者3 デジタル屋台C

分析

品質管理

品質管理

品質管理画面 管理者 管理者
サーバーラック サーバー 無線通信
  • 無線通信 自動検査 デジタル屋台 作業者1 デジタル屋台A
  • 無線通信 測定機器の自動制御 デジタル屋台 作業者2 デジタル屋台B
  • 無線通信 製品の自動制御 デジタル屋台 作業者3 デジタル屋台C

稼働確認

分析

分析

分析 作業実績 / 直行率 / 工数 / 工程能力 管理者 管理者
サーバーラック サーバー 無線通信
  • 無線通信 ログデータ 1 6.23596717495…
    2 9.32137852511…
    3 7.90245762845…
    デジタル屋台 作業者1 デジタル屋台A
  • 無線通信 ログデータ OK [1010]StartOKb
    OK [1040]StartOK
    NG [70]Start空打…
    デジタル屋台 作業者2 デジタル屋台B
  • 無線通信 ログデータ [1010]StartOK[250]
    [1040]StartOK[230]
    [70]Start空打ち…
    デジタル屋台 作業者3 デジタル屋台C

品質管理

稼働確認

Digital Yatai デジタル屋台

デジタル屋台は、オペレーターの組み立て作業をけん引する役割を担います。

1 2 3 4 5 6 7

close

Value 生み出される価値

安心して組み立て作業に集中できる環境を提供することで、
品質や作業効率が向上するのはもちろん、
オペレーターがやりがいをもって仕事に取り組むことで、
モチベーションの向上にもつながります。

また、作業習得の負荷が減る分、
業務改善のアイデアの発見など、
オペレーターのクリエイティブの発揮にもつながります。

作業支援を目的として
開発されたD-PICSですが、
その他にも、以下のような
生産管理上のメリットがあります。

  • コンカレントエンジニアリング コンカレントエンジニアリングによる
    垂直立ち上げの実現
  • 多品種変量生産の実現 多品種変量生産の実現
  • 急激な増・減産への柔軟で素早い対応 急激な増・減産への
    柔軟で素早い対応
  • 仕掛品在庫の削減 仕掛品在庫の削減
  • 生産リードタイムの短縮 生産リードタイムの短縮
  • 管理工数の削減と管理の質の向上 管理工数の削減と
    管理の質の向上

D-PICS

IoTやAIの急速な進化により、デジタルデータは、
ものづくりの品質や効率の向上に欠かすことのできないツールになっています。
また、競争力のあるものづくりを実現するためには、
“デジタルの強み”を活かしながらも、
同時に「こだわり」や「創造性」といった“人の強み”をいかに発揮させていくかが、
ますます重要になってくると思われます。

あらゆるものがインターネットでつながる時代のものづくりはどうあるべきか、
国際化やリスク管理意識の高まりによる生産スタイルの変化にどう対応していくのか、
テレワークやライフワークバランスを重視した新しい働き方にどう対処していくのか。
これらの時代のニーズや社会環境の変化は、製造業だけでなく、
医療や教育などさまざまな分野が直面する課題であり、
わたしたちのD-PICSはその解決に柔軟に対応できる可能性を秘めていると考えています。
これからもD-PICSは進化へのチャレンジを続けていきます。

TOP