Roland DG

English 日本語

The Power of Creativity

MONOZUKURI

「リモート生産」で切り拓く、ものづくりの新しいカタチ①

2020年10月28日 Roland DG Corporation

なぜ今「リモート生産」なのか

“いつも工場で組み立てている製品を自宅で作ってみよう!”

このブログでは、いま当社が取り組んでいる「リモート生産」について全3回でご紹介します。
みなさんもご存知のとおり、新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの製造業が世界的な需要の落ち込みによる生産調整や外出禁止に伴う従業員の自宅待機など、さまざまな影響を受けています。当社の生産部門でも同様の状況に直面し、その対策について検討していましたが、その中で「リモート 生産にチャレンジしてみよう」という声が挙がりました。

以前から、工場に来られないような不測の事態が発生した際にも、安全かつ柔軟に生産を継続させる方法や、働き方や価値観が多様化する中で、社員がイキイキと力を発揮できるものづくりの在り方などについての議論を続けていました。その時もリモート生産の可能性に関する話がありましたが、今回の新型コロナウイルス感染症による一連の出来事が、実際にリモート生産に取り組む大きなきっかけとなりました。

また、このチャレンジに踏み切ることができたもうひとつの大きな理由として、当社が製造部門で採用している「D-PICS(ディーピックス)」の存在がありました。D-PICSとは、ネットワークにつながったパソコンの指示に従って作業をすることで、誰もが、どこにいても、同じ高品質な組み立てが行える当社独自のものづくりシステムです。このD-PICSを応用すれば、ふだん工場で行っている組立作業を自宅でも行えるのではないか、という仮説のもと今回の検証をスタートしました。
 ※D-PICSの詳細についてはこちらのページをご覧ください。

リモート生産イメージ図

従来の工場生産

工場

Roland DG
管理者 / サーバー
オペレーター1
オペレーター2
オペレーター3
オペレーター4

リモート生産

工場

Roland DG
管理者 / サーバー

オペレーターの自宅

自宅オペレーター1
自宅オペレーター2
自宅オペレーター3
自宅オペレーター4

Share on SNS

TOP