Roland DG

English 日本語

The Power of Creativity

MONOZUKURI

「リモート生産」で切り拓く、ものづくりの新しいカタチ②

2020年10月28日 Roland DG Corporation

「リモート生産」へのチャレンジ

前回はリモート生産に取り組むきっかけについてお話をしましたが、今回は、リモート生産の検証内容を具体的にご紹介します。本プロジェクトは、これまで生産本部でD-PICSの改善に深く関わってきた砂子 祐也が中心となり進められました。

「リモート生産」の流れ

リモート生産は、組み立てに必要な製品の部品やパソコン、工具など一式をキット化し、工場からオペレーター(組立作業者)の自宅へ送ることから始まります。キットを受け取ったオペレーターは、パソコンをネットワークにつなぎ、サーバーから送られるデジタル作業指示書に従って組み立て/検査を実施。製品が完成したら工場に送り返す、というプロセスで行われます。

わたしたちローランド ディー.ジー.は、卓上型の小型カッティングマシンから業務用の大判インクジェットプリンターまで、さまざまなデジタル機器を生産しています。今回の検証には、当社製品の中で最もコンパクトかつ部品点数が少ない小型カッティングマシンSTIKA (ステカ)を選びました。

検証に参加するオペレーターには、リーダーの砂子に加え、熟練者と新入社員を含めた計18名を選出し、経験値によって完成度に差があるかどうかを確認するとともに、改善のための意見を幅広く集めるようにしました。

砂子 祐也(すなこ ゆうや)
生産本部 製造部
品質管理ユニット マネージャー
現在は部品の受入検査から製品の組み立て・
出荷までの品質をトータルに管理。

工場

Roland DG
事前準備
部品KIT
長物&基板 画像 長物&基板
外装部品&梱包箱 画像 外装部品&梱包箱
小物 画像 小物
ビス類 画像 ビス類
治工具KIT
治工具セット 画像 治工具セット
ポケットWi-Fi 画像 ポケットWi-Fi
作業マット 画像 作業マット
ノートPC バーコードリーダー 電源・USBケーブル 画像 ノートPC
バーコードリーダー
トラック 自宅に発送
トラック 工場へ(初めに戻る)

オペレーターの自宅

組み立て準備 組み立て準備 指示に従ってKITを
テーブルの上などに配置
梱包 画像 梱包 完成した製品を梱包し、
工場へ発送
組み立て 画像 組み立て 作業指示に従って
STIKAを組み立てる
検査 画像 検査 組み立てた製品の
動作や品質などを検証

リモート生産ならではの工夫

パソコンとポケットWi-Fiは、リモート生産で重要な役割を果たします。十分な設備やスペースが整い、支援スタッフも常駐している工場とは異なり、すべての家庭にインターネットの環境が整備されているとは限らず、作業も一人で行わなければなりません。そのため、工場から自宅のパソコンに作業指示書を送ったり、作業ログを受け取ったりという基本的な役割だけでなく、作業中に問題や疑問が発生した時に工場で待機しているスタッフがビデオ通話でオペレーターを支援するためにも必要不可欠なツールです。

また、使用する部品は、欠品や輸送時の損傷を防ぐために、それぞれの形に合わせてスポンジをくり抜いた専用ボックスに収納しました。

画像1 画像2

検証結果

さて気になる結果ですが、経験値によって組み立て時間に差はあったものの、15名が設定時間内に製品を完成させることができました。また、それぞれ異なる環境下にも関わらず、工場で作ったものと変わらない品質で仕上げることができたのです。一部の参加者からは、ネットワーク接続に関する質問や組み立てミスをしてしまった場合の復旧方法などについて問い合わせがありましたが、ビデオ通話やカメラ機能を活用してスムーズに対応しました。

「これはやれるぞ」。この結果を受けて、担当の砂子は新型コロナウイルス感染症のような突発的な出来事が起こった際の対応策として機能する手ごたえを感じたと言います。
これまでも、ネットワークにつながったパソコンの指示に従って作業すれば、工場以外の場所でもものづくりが行えるだろう、と考えてはいましたが、今回の検証によりその仮説を実証することができました。

一方で、自宅の作業スペースが十分に確保できず、工場と比較して作業性が悪くなってしまったなどの課題も見つかりました。また、作業中は常にインターネットに接続をしている必要があるため、ネットワーク環境の整備や強化の必要性を再確認しました。

電動ドライバーの音が思ったより大きかったです。一人暮らしの部屋で作業したので近隣の方の迷惑にならないか心配でした。​

画像2
画像1

実家で大きめのテーブルを使えたのでスムーズに作業できました。小さいテーブルしかなかったら作業しにくかったと思います。​​​

画像3

とても楽しみながら組み立てることができたので、貴重な経験になりました。もっと広い作業スペースがあると良いと思います。​

画像4

Share on SNS

TOP